50代の毛穴引き締めは保湿で

kongohada

50代はお肌の土台でもある体内生成されるコラーゲンが減少するのに伴い、

たるみやくすみ・シワなどの肌トラブルが増えてきます

また更年期の影響もあって、エストロゲンなどのホルモンバランスが崩れてしまって、

お肌のたるみやしわが目立つようになってきます。

50代はお肌のことで悩む方も多くなってきますが、中でも毛穴に関する悩みはとても多いようです。

 

毛穴の開きの原因として最も多いのは何だと思いますか?

それは皮脂の過剰分泌です。

しかし皮脂の分泌は10代後半にかけてピークを迎え、それ以後はどんどん減少していきます。

そして50代に入ると急激に減少してお肌の乾燥が深刻なものになります。

 

毛穴引き締めには保湿重視です

50代の毛穴の悩みの一番の原因となるのはお肌の乾燥です。

お肌に潤いが無くなり、小じわやたるみが目立つようになるとたるみ毛穴や帯状毛穴が目立って

今までよりも毛穴が大きくなったように感じられるのです。

 

50代に必要な毛穴引き締め対策は何といっても保湿です

40代でも保湿に力を入れてきたと思いますが、更年期の影響を受ける50代はさらに保湿にこだわる必要があります。

朝のスキンケアはローションだけとおっしゃる方もなかにはいらっしゃるようですが、

50代のスキンケアとしては大きな間違いと言えるでしょう。

 

朝のスキンケアに保湿効果の高いローションを使用するのはもちろんのこと、

美容液や保湿効果の高いクリームも使用するようにいたしましょう。

保湿ローションも一度塗るだけでは無く、数分おいてもう一、二度塗るようにしてください。

保湿効果を高めるためにも二度塗り、三度塗りが重要です。

 

朝の時間は貴重ですが、5分かけてローションをお肌に浸透させるようにしていきましょう。

そして紫外線対策も万全に行いましょう。

紫外線は若々しいお肌を保つためには大敵となるものです。

家の中にいても紫外線は入り込んできます。

曇りの日でも、雨の日でも紫外線は地球に降り注いでくるのです。

「ちょっとそこまで」という時も、忘れずに必ず紫外線カット効果の高い乳液やクリームをつけるようにいたしましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加