30代はたるみ毛穴にご注意

お肌にハリが有る、10代、20代では気にならなかった毛穴が、30代になると気になり始める方が多くなってきます。

30代に入ると20代よりも皮脂の分泌量は減る傾向にあります。

実際10代、20代と脂性肌で悩んでいた方が30代になってさほど気にならなくなったと言う方もいらっしゃるそうですよ。

しかし普通肌の方やもともと乾燥肌の方は、30代になると皮脂分泌が減少します。

また加齢によってお肌が乾燥しやすくなります。

 

そして乾燥しやすくなったお肌の毛穴の周りの肌細胞が縮まってしまうので、余計に毛穴が目立つようになってしまうんですね。

加えてお肌に弾力をもたらすコラーゲンの体内生成量も30代に入ると減ってくるため、

シワやたるみなどの肌トラブルも目立つようになってくるのです。

30代になると、特にたるみによる毛穴の開きを気にする方も多くなることから、

毛穴の引き締めに対して悩んでいる方は意外と多いのです。

 

毛穴引き締めのポイント

30代の毛穴の開きは鼻の脇から頬にかけて目立ってくることが特徴です。

毛穴が円形ではなく、楕円形になっているものがあればそれはたるみ毛穴です。

たるみ毛穴は乾燥が大きな原因なので、皮脂や汚れが混ざり合って出来る角栓によって出来る

毛穴の詰まりや黒ずみ毛穴とは原因がまったく違うため、

20代と同じようなスキンケアを行っていても毛穴を引き締めることは出来ないんですね。

 

30代からの毛穴引き締め対策は外側からのケアだけでなく、身体の内側のケアも重要なポイントになります。

まず、身体が水分不足にならないようにこまめに水分補給を行うことを心掛けましょう。

そして栄養バランスの良い食事と質の良い睡眠を意識して取ること、

ストレスを出来るだけ溜め込まないようにすること、適度な運動を日課にして筋肉が衰えないようにすること、

紫外線対策をしっかり行うことなどを日々行うようにいたしましょう。

毛穴の引き締めケアは、じっくりと気長に取り組むことが大切です。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加